通学制の大学と比べて卒業までの学費を半額未満に抑えられる

通信制大学は、学内の施設の利用料が掛からないことや、自宅学習が中心となることから、通学制の大学と比べた場合に卒業までの学費を半額未満に抑えられるというメリットがあります。特に、人文科学や社会科学に関する学部学科は、授業料が安く設定されているところが多く、あまり経済的に余裕がない人も安心して学習を続けることが可能です。最近では、授業料が高めのスクーリングの代わりにオンライン授業を積極的に導入する通信制大学の数が増えており、従来よりも学費を節約することができるようになっています。 なお、情報処理や建築といった理系分野の学部に入学をする場合には、年に数回の実習や演習の授業に参加をする度に費用が発生することもあるため、入学前におおよその授業料の相場を調べておきましょう。

仕事を続けながら教員免許を取ることもできる

教職課程が設置されている通信制大学においては、全国の学生が無理なく仕事と学習を両立できるよう、様々な形でサポートを行っているところが目立ちます。たとえば、学生側が教育実習の期間を比較的自由に指定できるところや、オリエンテーションや演習を自宅のパソコンを使って受講できるところは、幅広い年齢の社会人から関心が集まっています。また、教員免許の取得者の数が多い通信制大学の中には、教員を目指す学生を対象とした奨学金を用意したり、授業料の減免を行ったりしているところも珍しくありません。そうした中、教員免許の取得に向けて入学先を決めるうえで、じっくりと大学ごとのサポート対応や、授業のシステムについて比較をすることが重要です。

国語の教員免許を通信で取得することは可能です。最終学歴により受講期間は変わりますが、必要な科目単位と教育実習が必須となります。